2018年04月23日

来たれボランティア 来年のラグビーW杯で1万人募集とは言うものの・・

今晩は(^◇^)

4月23日 17時20分(NHK news web)

61_1.jpg

来年、日本で初めて開かれるラグビーワールドカップで、試合会場の運営支援や観客の案内にあたる、およそ1万人のボランティアの募集が23日から始まり、参加を呼びかける催しが都内で開かれました。


ラグビーワールドカップは、来年の9月20日から11月2日まで、全国12の会場で合わせて48試合が行われ、大会期間中に活動するボランティア「TEAM NOーSIDE」の募集が23日正午から始まりました。

これに合わせて、東京・千代田区で参加を呼びかける催しが開かれ、組織委員会の嶋津昭事務総長が「ボランティアにはそれぞれの開催都市でワールドカップの顔になっていただきたい。幅広い年齢層や地域の方に積極的に応募してほしい」と呼びかけました。

このあと、概要が発表され、ボランティアは全国でおよそ1万人を募集し、来年3月末時点で18歳以上であることや、日本語でのコミュニケーションができるほか、開催都市ごとに最低で2日から5日、1日当たり最長で8時間程度活動できることなどが応募の条件だということです。

また、ボランティアには、試合会場のスタジアムで観客の入場や誘導などの運営支援、駅や空港での交通案内、試合の生中継などが行われるイベント会場「ファンゾーン」の運営などの役割があるということです。

「ボランティアサポーター」に就任したタレントの小島瑠璃子さんは「ボランティアの皆さんと一生に一度の経験をし、思い出を残したいので、大会を成功させたいという熱い気持ちを持つ人は、ものおじせず参加してほしい」と話していました。

申し込みは7月18日まで、インターネットで受け付け、活動を希望する開催都市で面接をしたうえで、来年1月から研修が始まります。

6748d457b9b0245cadfcc261ab1fe770_1524468212_2.jpg

とありますが・・

「ラグビーは興味がない!」と思ってましたが、

うちの近くの熊本県、大分県でも大会会場となってます(●´ω`●)
ea7e9bfb09e20f9ea33867806852c00b87bec77e.17.2.9.2.jpeg

( ,,`・ω・´)ンンン?ボランティアか・・8時間は拘束されるのか・・

止めといた方がいいかな〜〜〜
 来年大分市などで開催されるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、会場運営などを担うボランティアの募集が23日から始まる。すでに県庁内に開設された大会組織委員会大分地域支部が選考し、来年1月ごろに決定する。募集人員は千〜2千人。

 大分銀行ドーム(大分市)では、3連覇を狙うニュージーランドなどが出場する計5試合が予定されている。ボランティアは会場やその周辺のほか、多くの観戦客の利用が想定されるJR大分駅、大分空港(国東市)での誘導や案内、観戦客らの交流スペース「ファンゾーン」の運営スタッフなどとして活動する。

 応募条件は、2019年3月末時点で満18歳に達していて、1日で最長8時間活動できること。23日から7月18日まで受け付ける。年内に各会場で面接を実施する。決定後に研修を経て、実際の担当業務を振り分ける。応募は専用サイト(www.rugbyworldcup.com/volunteers)でのみ受け付けている。問い合わせは組織委=03(4405)6225。

 組織委大分地域支部は、県ラグビーワールドカップ2019推進課と同じ部屋に開設した。当面は県と県警、大分市、別府市から派遣された7人で業務を行う。今後増員されるという。同課から出向した中津留俊典支部長は支部が開設された今月9日、「開幕まで1年半。選手がプレーしやすく、観戦客が快適に観戦できるよう、関係機関とスクラムを組んで成功に導きたい」と抱負を語った。

=2018/04/23付 西日本新聞朝刊=



posted by 7転びヤタロー at 21:27| 宮崎 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする