2017年03月15日

朴前大統領に出頭命令

今晩は(^◇^)
韓国は今、揺れに揺れてます。
WBCでもパッとしないし、冬のオリンピックも危うい(*_*;
国のトップが犯罪をしちゃ〜いけませんって・・・(*'ω'*)
parkgeunhye3.jpg
こんな若い時もあったんだな〜〜恵ちゃん!
20161227-00516226-shincho-000-3-view.jpg
【3月15日 AFP】(更新)韓国の検察当局は15日、憲法裁判所によって大統領を罷免された朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領に、汚職疑惑をめぐる事情聴取のため今月21日に出頭するよう命じた。

 検察の声明によると、検察は15日朝朴氏の弁護士に出頭命令を送付した。聴取は3月21日午前9時30分から行われる。朴氏の弁護士は、朴氏は取り調べに応じると述べた。

 朴氏は検察の事情聴取を何度も拒否してきたが、今月10日に憲法裁が罷免を言い渡したことで大統領としての権力と刑事訴追免除などの特権を失い、12日に大統領府公邸から退去していた。(c)AFP

posted by 7転びヤタロー at 21:22| 宮崎 ☀| Comment(263) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

マレーシアも北朝鮮人の出国禁止、北朝鮮が在留マレーシア人の出国禁止にしたからだ!

皆さん今晩は(^◇^)
北朝鮮もえぐい事するわ〜それにマレーシアも対抗処置として北朝鮮の出国を禁止した( ̄▽ ̄)
なんか子供の喧嘩みたいだ・・
我が国がこんな仕打ちをされたらやっぱりこうならざるのかな?
img_c4cf79019988f799aa328ee85cf6deb3183678.jpg
【3月7日 AFP】(更新)北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は7日、外務省の発表として、国内に滞在しているすべてのマレーシア人の出国を禁止すると伝えた。北朝鮮の金正こうなるのかな恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏の殺害をめぐって両国の外交関係が悪化する中、これらのマレーシア人が人質に取られる恐れが出てきた。

 KCNAが伝えた外務省の声明では「DPRK(北朝鮮)にいるマレーシア国籍の人はすべて、マレーシアでの件が適切に解決されるまで一時的に出国を禁止される」としている。

 マレーシア政府も同日、自国内にいる北朝鮮大使館員の出国を禁止すると発表した。

 北朝鮮、マレーシアの両国は長年緊密な外交関係を築いていたが、金正男氏がクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で容疑者の女2人に猛毒の神経剤VXを塗り付けられて殺害されたとされる事件を受け、両国関係は急速に悪化した。

 韓国政府は、金正男氏を暗殺したとして北朝鮮を非難。またマレーシア政府は北朝鮮国籍の容疑者らの聴取を求めていたが、唯一勾留していた北朝鮮国籍の男を先週証拠不十分で釈放した。

 北朝鮮との関係悪化を受け、マレーシア政府は駐マレーシア北朝鮮大使を国外追放処分とした。北朝鮮側も6日、すでにマレーシア政府が事情を聴くために本国に帰国させていた駐北朝鮮マレーシア大使を国外追放処分にすると発表していた。(c)AFP
posted by 7転びヤタロー at 21:13| 宮崎 ☀| Comment(254) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

トランプ政権幹部、 娘婿クシュナー氏もロシア接触が・・ 発覚

こんにちわ(^◇^)
大統領演説から評価が高かったものの
一夜明けたら、また元通り(*_*;いったい何人の不正、疑惑を持ってんの?
img_8a9389d00b2a1fd6efc59bc532f631b869659.jpg
【3月4日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の側近とロシアとのつながりが相次いで発覚し、トランプ氏の議会演説で高評価を受けていた米政権は3日、一転して攻勢への逆戻りを強いられた。

 米国では昨年11月の大統領選をめぐり、ロシア政府がトランプ氏を当選させるための介入を試みたとの調査結果を米情報当局が公表するという前代未聞の措置が取られて以降、トランプ陣営がロシア政府と共謀していたという疑惑が渦巻き続けている。

 トランプ氏の腹心であるジェフ・セッションズ(Jeff Sessions)司法長官は、上院の公聴会で「ロシア人と接触したことはない」と証言していたが、実際には就任前に駐米ロシア大使と2度にわたって面会していた事実がメディア報道により発覚。

 野党・民主党からはセッションズ長官の辞任と偽証罪での捜査を求める声が上がり、同長官はロシア関連の調査への関与辞退を強いられた。一方のトランプ大統領は、ロシアとの関係をめぐる民主党の追及は「魔女狩り」だと非難。セッションズ氏を全面的に信頼していると述べている。

 トランプ大統領はロシアとの個人的関係を繰り返し否定しており、側近らもロシア当局者との接触を否定したり、重大な問題ではないと一蹴したりしている。

 だがここにきて新たに、セッションズ長官や、国家安全保障問題担当大統領補佐官を解任されたマイケル・フリン(Michael Flynn)氏の他にも、複数の政権幹部がトランプ氏の就任前にセルゲイ・キスリャク(Sergey Kislyak)駐米ロシア大使と面会していた事実が明らかになった。

 米メディアによると、顧問のJ・D・ゴードン(J.D. Gordon)氏とカーター・ペイジ(Carter Page)氏がキスリャク大使と面会していた他、昨年12月にはトランプ氏の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー(Jared Kushner)氏がフリン氏と共にニューヨーク(New York)のトランプ・タワー(Trump Tower)で同大使と面会していた。

 米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)によると、セッションズ氏がキスリャク大使と面会したのはそれよりずっと前の昨年7月と9月で、ロシアの選挙介入疑惑が大きく取り沙汰されていた最中のことだった。

 当局によると、米情報当局と連邦捜査局(FBI)は、ロシア政府が米国の内政に介入した具体的な方法と規模について捜査を続けている。米議会では4つの委員会が調査を開始したが、民主党は、共和党が発足間もないトランプ政権を保護するために調査を闇に葬ろうと試みるのではないかと危惧している。(c)AFP
posted by 7転びヤタロー at 15:39| 宮崎 ☀| Comment(255) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

金正男氏殺害、実行犯役の女2人起訴 有罪なら死刑も

今晩は(^◇^)
インドネシア国籍のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)
ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)

この2人別々の国籍ながら「いたずらのつもりだった」
自分の手にゼリー状の液体を持って金正恩の顔を目がけて背後から手を回し命中させた。
ニュースでははっきりした映像は撮れて無いがそれなりの動きしか分からないが、
裏で誰かがこの2人を操ったに違いない この2人も被害者なのであろう
940.jpg

【3月1日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で、マレーシア当局は1日、実行犯役を務めたインドネシア国籍のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)とベトナム国籍のドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)を起訴した。

 両被告は2月13日、クアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で、正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗り付けて殺害した疑いがもたれている。

 両被告は首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)近郊セパン(Sepang)にある裁判所に出廷。シティ被告はTシャツ姿、フオン被告にもカジュアルな服装で、順に殺人罪の起訴内容が読み上げられた。

 両被告とも、有罪と判断されれば死刑を言い渡される可能性があると通知された。いずれも罪状認否は見送られ、公判開始は数か月後になる見通し。

 フオン被告の弁護士は起訴内容が示された後、被告がベトナム語で裁判所側に「私は無罪だ」と述べたと説明した。両被告とも取り調べに対し、いたずらを仕掛けるテレビ番組に出演していると思っていたと供述している。

 裁判所の入り口では、目出し帽をかぶり、自動小銃を持った重武装の警察官100人以上が警戒に当たり、ものものしい雰囲気に包まれた。(c)AFP
posted by 7転びヤタロー at 20:49| 宮崎 ☁| Comment(226) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

トランプ大統領のわがままはハイスペック

今晩は(^◇^)
トランプ大統領のマスコミ嫌いには開いた口が塞がらないですわ(/ω\)
CNN,ニューヨークタイムズなどのマスコミ、日本のマスメディアも付け加えて
会見の場所から締め出した。
おまけに毎年恒例のホワイトハウス記者会主催夕食会も「自分は出席しない」とな(*_*;
この‘わがままも‘長くは続かないはずだ(*'ω'*)
img_877bf8d6bd2623ae521c271c5501a195150800.jpg
【2月26日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は25日、これまでの伝統を破り毎年恒例のホワイトハウス記者会主催夕食会(White House Correspondents' Association Dinner)に出席しない意向を表明した。この夕食会は記者会が大統領を主賓としてもてなすもので、セレブも大勢出席する。

 トランプ大統領はツイッター(Twitter)に「私は今年のホワイトハウス記者会主催夕食会に出席しないつもりだ。どうかみなさんで楽しんで、すばらしい夜を!」と投稿した。

 ホワイトハウス記者会は、「(合衆国政府が言論および報道・出版の自由を制限することを禁じた)合衆国憲法第1修正と、健全な社会において独立した報道メディアが果たしている重要な役割を祝うもの」として夕食会は4月29日に予定通り行うと主張した。

 1921年から続いているこの催しでは、毎年ジャーナリズムを専攻する学生数人に奨学金が与えられる。

 トランプ大統領はこの前日、メディアを「米国民の敵」と呼んでメディアへの攻撃を再開していた。トランプ氏はメディアとの戦いの中で言論界に「偽ニュース」「野党」とのレッテルを貼ってきた。

 ホワイトハウスは24日、CNNテレビや、米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)とニューヨーク・タイムズ(New York Times)、政治ニュースサイト「ポリティコ(Politico)」などの米メディア数社を定例記者会見から締め出した。

 一方、右派系ニュースサイトのブライトバート・ニュース(Breitbart News)やワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network)をはじめとする政権に好意的な報道をしてきた小規模メディアは会見への出席を許可された。

 ホワイトハウス記者会は、メディアに取材の機会を与えないこの決定に対し「強く抗議」し、この問題を政権に訴えていくと発表した。(c)AFP
posted by 7転びヤタロー at 18:09| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする